「「五体満足」」、うまれたら必ず老いる、高齢者。

  下腹部について、「バルーンカテーテル」についても触れたが、頻尿だけでなくて、尿閉では、屡々と「バルーンカテーテル」を入れる。追加しておく。高齢者が自力で尿閉を治すなんて、出来ないであろう。有るがままに、時間は過ぎる!!!。
今日は、頭の「「ストレッチ」」でもあるが、やはり、病気に少し触れておく。
頭の外側から考えると、湿疹、ヘルペス、化膿性病変、腫瘍性病変、アテロームなど、時には、悪性の病変も考慮が必要でもあろう。
その他に、頭蓋内病変を考えると、脳梗塞や脳出血、動脈瘤、脳腫瘍、頭蓋内動脈の狭窄&閉塞、時には血管拡張病変などもあろう。小さい血管が網状になっている事もある。
まあ、病変に注意したうえで、「「ストレッチ」」が大事であろう。
 先日であったが、NHKテレビで、アルツハイマーの防止にと、放送が有ったが、詳細な決めては、これからでもあろう。頭の脳ミソを使う事、認知症にならないために、色々と人間は考えるが、まだまだ、完全に予防や根治は不可能であろう。
認知症にならないために、色々と言われるが、まだまだ、明確ではない。左の脳、右の脳も両方とも使う事なども言っているが、確実な方法は無いのかもと思う。
頭のみを運動で、{{揺らす}}なんて危険もあるであろうから、難しい。
適度な頭の「「揺れ」」は重要でもあろう。先述したが、頭は使え、とも言う。そう、やはり、可能な限りで、知性を使う、でも、美術品のような物など魅力を持って見るか、或いは、一般的には、手足を動かしながらで、美しい物などへも頭を使う、或いは、読書や、将棋や囲碁なども良いらしい。
頭の「「ストレッチ」」は、大変に難しいと感じる。読書が良いが?、さあ、モバイルなどは、どうか?、モバイルなどは、視力に問題が起こらなければ良いが!!!、と、感じている。私が、「モバイル」を扱っている。
こんな症例も有る。そう、「「くしゃみ」」をした直後に頭の異常を訴えた人もいるが、これは、「「くしゃみ」」した時に頸部の血管病変を発症して{頭の症状}が出た場合も有った。
これは、日常の頸部の「「ストレッチ」」の問題でもあろうと感じている。
頭の「「ストレッチ」」は、説明が少し難しいと感じている。
恐縮である。
((ここまで!!!!。))。

「「五体満足」」、生まれたら老いる、高齢者。

  今回は、「「お顔」」である。
何処の部分が欠けても、人間はシンドイ。だが、パラリンピックなど、皆様が見てると、素晴らしいと思うだろう。本当に、当方も素晴らしいと感じている。必ずや、人間は生きていると、思わぬ{{不自由}}にも出会うであろう。が、納得して生きれば、悲しい事も少なくなるであろうと、感じる。
そう、大事な事柄は、己で抱えてみないと、難しいかも知れない。
「「お顔」」については、やはり、可能な限り、病変にも気づいておいて欲しい。
先ずは、皮膚癌、それに、舌癌、舌&口唇部のヘルペス、嚥下障害、鼻炎、副鼻腔炎、蓄膿、咽頭癌、喉頭癌、更に、眼の障害では、また、眼の障害で、近視、遠視、白内障、緑内障、などなど、特別に眼病については、注意が重要あろう。耳鼻科、眼科などなど、医師の世界でも分けられているくらいである。
「「ストレッチ」」については、舌などは、特別に咽頭部や喉頭部の嚥下反射などの「「訓練」」も大事である。誤嚥すれば、直ぐに、肺炎を起こす。舌の「「ストレッチ」」が重要であり、舌の運動や、{{舌の根っこ}}の運動なども、大事である。
まあ、眼の運動も大事だと、思っている。右、左、回転、眼圧、などなどの訓練、「「ストレッチ」」が重要であろう。
そう、顎の筋肉、微笑みの筋肉などなど、時には、皮膚の「「スチレッチ」」も重要であろう。が!!!、顔の皮膚をあまり抑えると「「シミ」」になるらしい。要注意でもある。最近は、紫外線にも皮膚癌???などを注意とも言う。
テレビでは、いつも、紫外線の話が有る。
色々と考慮しながら、やはり、「「ストレッチ」」は重要である。
((今日は、ここまで!!!!。))、

「「五体満足」」、生まれたら必ず老いる・高齢者。

指、両下肢、関節、下腹部、など、前回では上腹部について述べた。
人間の「「頸部」」について、だけ述べて終わろう。
とにかく、老いる。何故??、どんな高価な金銭を支払っても、「「老い」」は訪れる。
沢山の高齢者を見ているが、高齢になると、脳梗塞などは起こしていなくても、現在のところ、「「認知症」」は誰にも訪れる。
色々と学問の世界では、認知にならないようにとか、そんな話も有るが、まだまだ、決定的では無いとも、感じている。
やはり、頸部について述べると、頸椎症、頸部椎間板ヘルニア、骨折、そのた、老齢の末期に近づくと、食事摂取も難しいであろう。
そんな時に、頸部の過進展や過屈折など、有れば、食事も鼻管栄養も出来ない。早く、体の全身は衰えるであろう。
家族が希望すれば、胃瘻造設などにもなって来る。
甲状腺はその他の機能低下や腫瘍なども、注意が重要であろう。
まあ、とにかく、無理な状態で「「拘縮」」を起こさないように、注意である。
高齢化による質病、機能低下、癌性病変などなど、細かく見れば、病状は大変であろう。
高齢者の「「ストレッチ」」について書いている積りであるが、どうしても、末期について述べる事にもなる。
最後に、「「ストレッチ」」については、毎日と必ずや、頸部の緩やかな運動、立、横、斜め、回転、などなど、色々な方向に首が動けば、立派であろう。とにかく、「「拘縮」」しないで、欲しい。
時折にであるが、転倒して「「頸椎骨折」」で頸髄損傷のためで亡くなる人も居る。
腰椎骨折では、下半身の麻痺は少ないが、頸椎骨折では、下半身の麻痺、また、上肢の麻痺を起こしやすいので、注意であろう。
次回は、{{顔面}}について「「ストレッチ」」で書いてみる。
今日は、ここまで!!!。

「「五体満足」」、生まれたら老いる・高齢者。

  前回は、心臓疾患で止めた。
今回は、肺疾患であろう。やはり、肺についても、適度な「「ストレッチ」」は必要であろう。
病気にならない事であるし、高齢者は年1度の「「健康診断・ドッグ」」など、重要である。
その上で、「「ストレッチ」」である。
肺癌や慢性呼吸不全などなど、そんな病気には必ず注意である。気管支の病気などもある。
肺結核や感染病ども注意である。
やはり、1日に何度かの「「深呼吸」」、胸部の体の「「四方八方十方」」への「「ストレッチ」」は、胸部の肺のみならず体の筋肉の「「ストレッチ」」となり、衰えには、少しでも反抗できるであろう。勿論、1日に適度の「「運動」」・「「歩行」」は大事である。
当方の個人的な「「意見」」であるが、ヨガ的な体の動きは良いと思う、だが、ヨガ自体は、己の「「心」」を見る作業が無い。
当方も、若い時にヨガを2年間だけでも習ったが、己の「「心」」を見る方法が入っていなかったので中止した。
「「ヨガ」」も「「座禅」」にも、真実に「「己の心」」を見るさ作業が無いのは、仕方が無い。これは、繰り返すが、己の個人的なコメントである。
「「深呼吸」」や適度な「「運動」」、そして適度な「「ストレッチ」」であろう。
明白な事柄をのべたが、今日は、この辺で!!!。

「「五体満足」」、生まれたら、必ず老いる・高齢者。(1)。

  今日は、人間の胸について、少しだ。
先日の言い忘れていたのは、高齢になると、沢山の人達で排尿障害も起こる。排尿・頻尿などにて、自分で排尿できなければ、膀胱内にに管を入れる。仕方なしだよ。男だけでなくて、女性にも案外と多い。仕方のない事である。
今日は、人間の胸部であり、背中も含めての「「ストレッチ」」である。
胸部については、先ずは、食道の病変であろう。食道癌などは手遅れになると、大変である。1年1度の、ハイバースコピーの検査を受ける事である。この時には、胃も一緒に検査ができる。食道癌では、手術をしても、大変である。手術が出来れば、幸いであろう。
心臓などは、先天性の心疾患などもあり、高齢者になると、色々と心臓の病気も増えて来る。
「「ストレッチ」」と言っても、胸部では、心臓を鍛えるのは、そんな方法は無いかもと思う。有るとすれば血圧の管理、そして、脈拍の管理であり、これは心臓の収縮でもある。1日に1・2度は脈拍も、少し早めに100~110位にでもして鍛えるのも良いであろう。適度な運動や「「ストレッチ」である。心臓は、勿論と心筋梗塞が一番に大変である。心筋梗塞ならば、出来るだけ早く、心臓の動脈にステントを入れる事である。最近でも、公立病院に、胃ファイバーの検査で行っている時に、急性心筋梗塞を発症して、亡くなった人もいる。まだ、胃ファイバーの検査前であったらしい。待合室で、らしい。
また、これは、ニュースにもなったが、胸部大動脈瘤の破裂などで、人を巻き添えにする場合も有るので注意である。検査を受けていれば、簡単に診断できる。
付け加えるが、動悸・胸痛などでは、神経性、心身症、うつ病も見落さない事である。
どんなに「「ストレッチ」」・「「ストレッチ」」だと言っても、病気の検査や管理、医療などは受けて置くべきでもある。
人間の「「ストレッチ」」では、胸部については、「「肺」」は、次回に回す。
***肺の疾患も、注意であろう。肺癌や肺気腫などに、注意であろう。次回に回す***。

「「五体満足」」、生まれたら、必ず老いる・高齢者。

 今回は、上腹部である。下腹部の「「ストレッチ」」では、「「臍窩丹田」」の訓練も大事であろうから、付け加えておきたい。
どんなに、トレーニングをしてもストレッチをしても、上腹部について少しくらいは知っておくべきでもあろう。
そう、上腹部の病気でる。
先ずは、胃の病期である。胃潰瘍、胃癌など、それから、十二指腸潰瘍や、またまた、肝臓炎や肝臓癌や肝硬変などもある。
胆嚢炎や胆嚢癌やポリ-プ、大変なのは胆管炎、特別に胆管癌などは、困る。膵臓癌も、注意であろう。勿論と横行結腸の癌性病変も有る。その他に腎臓癌などもあるがあ、詳細は、置いておこう。
また、気持ちの病気で、うつ病や神経症や心身症などでも、上腹部の症状は出て来る。
また、最初に、癌性病変が上腹部に転移してから、症状が出て来る場合もあろう。
 で・・・、上腹部の「「ストレッチ」」については、普通の胸式呼吸と腹式呼吸なども、どちらも出来る方が良い。「「深呼吸」」でも、どおちらでも、出来る・分かる方が良い。
「「ボデイビル」」の話をする積りはない。また、当方は「「ボデイビル」」を知らない。
腹式呼吸と普通の胸式呼吸の、深呼吸も時折にでも、行う事である。一過性の「「高血圧」」では、普通の深呼吸でも下降する。胸式の深呼吸でも、少しながら、腹の筋肉、お腹の中も少しくらいは、使うであろう。
胸式深呼吸と普通の深呼吸と腹式深呼吸を、時折にでも、するが良い。背の筋肉も使うであろう。
ラジオ体操や普通でも体の「「屈伸運動」」や「「進展運動」」や「「体の横への運動」」なども、可能な限りで{{力を入れたり、抜いたり}}などなど、1日に朝と晩、昼は難しいかな、時間が足りないかな??、また、朝と晩も頑張って行うと{{かなりの時間が必要}}でもある。
忙しい人は、時間を考えて行う事である。
まあ、ここまで述べて来たが、高齢者になれば、1年1度の「「人間ドッグ」」などは、必ず、「「受けておいて欲しい」」と思う。
また、高齢者になって、「「うつ病」」などで、自殺する場合も有るから注意であろう。或いは、此処では、「「統合失調症」」の方達は、薬が必ず大切だと、服用してと伝えておきたい。
医師としては、1年1度の「「人間ドッグ」」にだけは、やっておくべきだと伝えざるをえないが、恐縮である。
何も体の検査も無くて、「「長生きしてる人達も沢山と居る」」が、本当に{{運の良い人達}}である。
要するに、上腹部であるが、体の筋肉や皮下脂肪も背筋も含めて、体内の組織の運動も、「四方八方十方」」に運動しておくべきである。
((今日は、ここまで!!!!。))。
難しい舎、時間にも、大変であるかも知れないが!!!。
以上である。

「「五体満足」」、誰しも老いるし老人になる。高齢者。

  2日前は、大腿部について、触れた。どちらにしても、その部位の力が衰えない事であろう。
であるからなに、各方向へのその部位の「「ストレッチ」」は重要でる。
今日は、下半身について述べる。
お腹の中には、それなりに、男女とも、生殖器を含めて、大腸や排尿器官も有る。それぞれが、有効に作動してくれることが望ましい。
排尿障害なども、高齢者では沢山とみられるし、昼夜にかけて「「頻尿」」ども多い。夜間の頻尿では、骨折にも関係して来る。
勿論、排尿障害で尿が出なければ、男性では前立腺肥大なども考慮が重要である。女性排尿困難では物理的には、膀胱の筋力が落ちているかであって、尿管は短く、物理的には少ない。
どちらにしても、排尿困難であると、バルーンカテーテルも必要になる。多くは、頻尿で治療が困難で骨折の可能性があれば、バルーンを入れる場合もあるであろう。
男性の場倍では、前立腺肥大症で排尿出来ない場合では、薬も有るが、やはり、管を入れたりもする。男性では、排尿困難で管が入らない場合もあり、泌尿器科で特別にカテールを必要とする場合もある。
お互いに、男女とも、生殖器については、やはり、癌疾患が注意であろう。
年老いて、子宮癌で亡くなった人も居るし、前立腺癌で亡くなる人もいる。
大腸や小腸などの「「癌疾患」」に注意である。
最近は、大腸の検査も比較的に気楽に出来る。当方から見れば、必ず、1年に1度の「「精密検査」」は受けておくべきであると信じている。大腸ファイバーも、管が小さくなって検査も気楽に出来る。
が、検査もせずに生きている方も見られ、「「運」」が良いと思う。
どちらにしても、この部位は、1年1度の「「人間ドッグ」」は勧めざるを得ない。
薬も早めに服用であるが、まあまあ、「「ストレッチ」」は難しいが、可能な限りで下腹部の運動や各方向への「「ストレッチ」」もやっておくべきであろうと思う。
以上、きょうはここまで!!!。

「「五体満足」」、人は必ず老いる・高齢者。

 前回は、良大腿部の筋肉と骨など、述べた。
まあ、とにかく、ラジオ体操のyようにでも、大腿部をしっかりと「「屈伸運動」」や大腿部も「「大部のヒネンリ」」を、日頃から行っている事であろう。
で・・・・高齢者では、股関節の病気が多くて、この股関節の運動が出来ないで、日常生活に不憫な方々は、沢山と居られる。
とにかく、転倒しない事である。日頃から、転倒しないように、四肢の訓練・ストレッチなどなど、非常に大切である。
ストレッチ7をするのも、随分と注意しながらが、大切でる。
旅行先で転倒骨折したとか、歩行中に転倒したとか、運動中に転倒したとか、などなど、であろう。
また、高齢者では、自宅の部屋を変えただけでも、骨折は起こしやすい。生活パターンが突然に変化した場合などであろ。
そう、股関節を「「回転」」、「「渦巻き回転」」、「「前後」」、「「左右」」、「「上下」」、の動きなどにも、練習が大事であろう。
また、腕立て、その他、色々と大切・重要である。
まあ、諄いが、股関節骨折では、全身の「「動き」」に、問題が起きるので、特別に骨折しなように、祈ろう。
両下肢が大事であり、良大腿も、両下肢の一部である。とにかく、歩行も出来ないし、あらゆる運動は不可能となる。
本当に、大事だとクドイほど、付け加えておきたい。

「「五体満足」、生まれたら、必ず老いる・高齢者・ストレッチ。

  昨日は、大腿部について、触れたが、やはり、人間は立位である事が重要である。
勿論、先天性の、或いは後天性の沢山の{{障害者}}が居られる。己の「「心・体」」にも、妥協して皆さんが頑張って居られる。素晴らしい事だと、言っておきたい。
で・・・・・・・、どんな考えても、人間の大腿部も、重要である。筋肉・腱や骨まで含めて、普通の方々はあらゆる角度への少しの運動負荷なども考慮が重要であろう。
特別な{{スポーツ}}などしてる方々は、それなりの「「筋トレ」」も欠かせないが。「「ボデイビル」」などは、当方の知らない世界で有るし、全く述べる事はできない。
さて、「「股関節」」」であるが、高齢者になると、多いのが、股関節の骨折で{{寝たきり}}になって、しまう場合も多々ある。
施設に入所していても、股関節骨折は多い。寝台やイスからの移動、深夜のトイレへの移動、少しの事柄で股関節骨折を起こしてしまう。
片方の股関節骨折で治療後は、また、反対側も骨折したりで、大変である。
歩行中に骨折したり、施設にて骨折したりで、骨折の手術をしても、やはり、関節可動制限をきたすので、とにかく、可能であれば、股関節骨折を起こさない事である。股関節骨折には、「「認知症」」を患っている場倍も沢山とある。片麻痺をしていたり、まあ、色々なケースも有るが、注意である。
日常生活を、なんとかでも、:それなりに過ごしていた方々でも、股関節骨折を起こして治療、手術すれば、元の生活に戻るのは大変である。
入院して手術、退院してから、施設入所や{{デイケアやデイサービス}}を受けたりするようにもなる。
また、下肢の力、筋力も落ちる。歩行もままにならなくなる。
そうであるからには、注意しないと、認知症にもなって来る。股関節骨折よりも、先に、認知症になって居る方々も多い。
体の全体が弱るので、益々と年老いて来る。
まあ、高齢者の骨折は、股関節が一番に多いようである。これが、己の「「死亡年齢」」にも関係するから、注意であろう。
((今日は、ここまで!!!!。))。

「「五体満足」」、人は必ず老いる「「ストレッチ」」

 人間は誰もが、此の世に誕生した以上では、老いるし消えて行く。
まあ、考えたなくてもく仕方がないであろう。
可能で有れば、何時までも歩行しておきたい。
だが、人間は、必ず老いるし、人間の体は、「「癌性疾患」」、「「心筋梗塞や心臓病」」、「「脳梗塞や脳出血など」」、「「認知症」」、更には、「「肺炎呼吸不全」」、「「花管栄養」」、「「胃瘻」」、などなど、その他にも有るであろう。
可能ならば、何時までも歩行できれば良い思うと。
体並びに、四肢は必ず疲れ果ててしまう。
であるからには、可能な限りでも、四肢が動くように使えるように、しておきたい。
最近では、体や四肢の体操、などストレッチが多くなっている。可能な限りで、体力や四肢が衰えないようにでもある。
当方、少しながらでも、述べたが、本日は、あまり話題にもならないが、人間の下肢で、特別には、あまりにも、世間では説明が無いが、大腿部についても、述べる。
先ずは、歩行する練習しか無い。膝関節を悪くしないように、足関節もである。両下腿の「「フクラハギ」」については、少しながら述べている。
歩行、何時までも、歩行できれば、何も言う事は無いであろう。
また、色々な体操もある。両大腿を使う運動、大腿の{{ひねりの運動}}や{{屈伸運動}}なども入れるべきである。
足関節,両下腿、膝関節、両大腿が使える間は、幸せでもある。大腿部に静脈瘤を認める場合も有るので、日頃の「「運動&ストレッチ」」が大事である。時折には、転倒で大腿骨骨折もあるから注意ある。
また、膝関節や下腿や足関節などが、丈夫であるならば、大腿も良いであろうとは、思うが、まあ、人間の両下肢は大事であろう。
***「「「歩行が出来る事、認知が無い事は、大事である」」」***、以上である。
((今日は、簡単だが、これで終わる))。

「「五体満足」」人間は必ず老いる・高齢者。

 人生、如何に生きて如何に終わるかでもあろう。
昨日は、少し、膝関節についても触れた。
今の日本では、正座するのは、まあ、御坊さんの来る「「法事」」くらいかも、これも最近では、正座も少なくなった。
面白いのは、人間の「「トイレ」」であろう。
どうも、最近では、洋式の{{便座}}が多い。日本式は、即ち。座ってやる{{{様式}}だ。だから、西洋式では❓??{{便座に座る、腰かける}}のだ。であり、逆に、今の日本人は、正座が、出来ないであろう。日本式の{{便座}}では、正座でもあったであろう。そう、膝の角度が、しっかりと曲がっていた。最近では、高齢者も案外と正座が出来なくなった。
生活習慣が少し変わるだけで、人間の体や関節も変わって来る。
ついでに、本日は、下腿についても、少し触れておきたい。
下腿の「「フクラハギ」」は、第二の心臓とも言われる最近である。
だから、如何にトレーニングしておくのかが、重要であろう。1日に2回~3回でも、しっかりと「フクラハギ」」のストレッチをしておくのが、大事でもあろう。
そう、勿論、高血圧や血液の検査も大事である。
「「心筋梗塞」」などの、予防のためにである。よく言われる言葉が、急性肺梗塞などと言われて、地震の災害や飛行機での座席での問題で、血液の血栓が出来てから、肺で梗塞を起こすとも言う。
そんな血栓は、案外と下腿で静脈瘤などが危険とも言われている。そのために、下腿の部分が、大事であって、第二の心臓とも言われれば、「「フクラハギ」」を鍛えておくべきでもあろう。
とにかく、「「フクラハギ」」の筋肉なども、しっかりとストレッチが大事だと言う。
今日は、人間の下腿、「「フクラハギ」」のストレッチが重要だと伝えて終わる。とにかく、下腿筋肉を伸ばしたり短縮したりが、大事のようである。意識的にも、行っておいて欲しい。
以上である。

「「五体満足」」、全ての人は老いる・高齢者・老衰。

  昨日は、手足の指の運動について、書いた。
今日は、膝の運動について、少しだけ書いてみよう。
人間は、移動できなくなれば、まあ、大変であろう。
歩ける間は、何処にでも行きたい場所へでも行ける。また、旅行も出来る。
だから、可能な限り、歩ける方が良いであろう。
それでも、日頃から、高齢者になれば歩く{{練習}}はしておくべきであろう。
そんな質問を受けた事もある。
だが、沢山と歩いていたが、膝が痛くなって歩けなくなった「「話」」も聞いている。
そう、だから、誰もが自分の膝を{{丈夫にしておきたい}}などと、考えれば、次の事柄を考えておくべきでもあろう。
先ずは、運動靴を準備する事である。そして、足の靴の「「底敷き」」」も少し厚めの物を引く事である。
単純のようで、案外と誰もが考えない。
両足の「「底敷き」」が薄いならば、膝関節を痛める。歩くのに膝の痛みを感じるならば、歩くのを中止するべきである。
膝関節症が強くなれば、膝関節腔内に水が溜まったりもする。
関節の中に、水が溜まれば、簡単に治る場合も有るが、長引く場合も有る。
あまり、最初から長距離を歩かない事であろう。
そして、歩く場合も、地面の柔らかい場所を選ぶ事である。
最初から、コンクリートの上を歩かない事であり、勿論、アスファルトの上も駄目と言っておきたい。
自分の努力で歩ける事、可能なら、車イスの使用の前に、人生を{{しっかりと考える}}のであろう。
それが、出来れば、歩くのにも努力できると、考える。
今日は、「「膝関節の動き・運動」」について、最も大事な事を記載した。
可能な限り、努力して歩きましょう。
一度でも、歩けなくなれば、再度でも、歩くのは大変である。
必ずや、歩けない日がやって来るが、仕方が無いであろう。人間の最後の時期が近づいたと言える。
努力する事であえる。
(《今日は、ここまで!!!。))。

「「五体満足」」人は必ず老いる・高齢者。

  此の世に誕生した人間は、必ず老いる。
だから、少しでも、老いるのを「「予防」」したいものでもある。
人間の「「足腰」」のみならず、人間の全ての持てる心身は衰える。頭の上から、足の先まで、また、頭や胸部や腹部・頸部・腰部を含めてから、全部が同じく衰える。
人間が此の世に誕生した時から成人して、次第に衰えて行くのが、人間である。
高齢者になれば、如何に己の「「体」」を「「四肢」」を、可能な限りで頑張らないと、転倒して骨折する。勿論と、「「運」」が悪くて骨折などをする場合もあるであろう。
1.先ずは、手足の「「運動」」から始めよう。
最初には、己の「「御手手」」を取り出して、始めよう。少しずつでも良いから、右手の指から始める。
先ずは、小指から始める。右手で、左手の小指を持って、第5指から、外側に少しずつでも良いので、伸ばしながら??、真っ直ぐにしては、背面に反らす。小指を何度か、行った後には、第4指、3指、2指、1指と同じように動作を繰り返して行う事であろう。
それが終われば、今度は、右手を行う。同じように、第5指から開始する。4指、3指、2指、1指と、左手指を行ったように、右手指にも行って行く。
2、手指が終われば、足指に入る。足指も同じで、左足指の第5指から入り、同じように行ってから、右足指の運動を行う。
 これらが、何故に、何故に、大事かでもあろう。
高齢者になると、必ずや、筋肉も鞘も少しながら弱く固くなって行く。
どうして、このような事柄を行うのか、当方が見ていると、高齢者で脳梗塞などで麻痺を起こしている方々は、簡単に全ての手指や関節で拘縮を起こしている。
麻痺の見えない方々でも、全体の体の衰弱した方々を見ていると、手足の拘縮や関節の拘縮を起こしている方々を見る。
ある程度の元気な方々でも、特別に関節リュウマチなど有れば、簡単に拘縮してしまう。
「「廃用症候群」」などと言ってから、体を使わ無いで、怠けていると、体の何処も使えなくなって、頭の回転も弱ってから、言葉も少なく、食事も取れずに胃瘻造設ともなある。その後にリハビリを繰り返して、経口摂取を開始、会話も可能になった人もいる。
クドクドと述べたが、今日はこの辺で終わる。
最後に、高齢者の「「元気の持続」」は、やはり、四肢・身体のリハビリ。更に、認知予防のためには、頭の左脳や右脳を働かせる物事を可能な限り続ける事である。
手の運動と握力には、音楽に合わせてリハ、まあ、音楽が無くても良いけれど、手については、パア、グウ、チョキ、などを繰り返して行っている。当方は、これも、大事であると信じている。出来れば、己の両足についても行うべきである。両足を可能な限りで、パア、グウ、チョキをする。でも、足のチョキは、大変に難しいと感じている。手足の「「力も弱くなる」」から、行うべきであろう。
(以上、今日は、これにて!!!)。

「「五体満足」」人間は誰もが老いる・高齢者

 高齢になっても、その期間でさえも健康寿命で生きれれば、良いであろうと思う。
今や、高齢者とは、65歳から75歳以上になった。かなりの健康寿命が延びており、沢山の人達への医療費用なども、まだまだ、今後に如何なる状況になって行くのか、心配でもあろう。
人間は、己が如何に健康で体が優良だと自惚れていても、直ぐ様に年老いて行くし、それぞれと体も衰えて行く。
どんなに、「体が優良品」」に出来ていても、頭の方が年老いて認知症にでもなれば、それで、己の「生命体」も見えて来る。
大変に難しい人間の{{一生}}であろう。
ここでは、「「認知症」」には、絶対にならないと言う方策は無いようで有り、ここでは、そのまま置いておきたい。
少しでも、人間の体の「「リハビリ」」について述べておければ、幸いだとも思う。
生きる事って、人間が年老いて行くと、{{生きる事}}よりも、如何に{{死ぬる事}}かを考える必要もあるであろう。
沢山の高齢者の方々の{{お世話}}をさせて頂いて、己の眼差しで見ているし、また、それぞれが{{私の脳裏}}に焼き付いている。
前回でも述べたが、必ずや、年老いて動けなくなるし、嚥下さえも上手にできなくなる。そう、それぞれの病気が先か、いや、体全体の衰えが先かは、誰も予知は不可能であろうが、少しは注意が必要でもあろう。
①癌性病変、②心筋梗塞や心臓病、③脳梗塞や脳出血、これらに合併する肺炎、いや、体の全体の衰えで肺炎に、④認知症、⑤廃用症候群などなども、見られる。
また、沢山の管栄養、鼻管栄養、胃瘻なども多い。それぞれの状況から「、このようになって行く。
人間の体は、高齢者になれば、簡単に、体が己の思うようにはならない、所謂、廃用症候群であるが、これが大変でもある。
廃用症候群「から、管の栄養になる場合も多々ある。
そこで、今回は、少しの期間でも、体の全体が衰えないように、皆様に頑張って欲しいと思いながらで記載してみたい。
また、どんなに、「「体のリハ」」を先にしていても、或る日に突然に、病魔に襲われる場合もある事は、伝えておきたい。
人間に誕生して来た以上では、体が壊れて消えて行くのが、自然界の「「流れ」」である。
嬉しくも無いが、それだけは、各々の個人が{{引き受けざる}}を得ない。
大事な事は、己の体の{{流れ}}を完全に止める事は、全く不可能であるが、少しでもなら、個人が注意をすれば、個人の体を延長できるであろうと思うし、述べて行きたい。
次回からは、体の「「運動機能」」を、当方の考え方で、具体的に、少しでも、人間の体の全体像をリハビリとして書いておきたいと思う。当方の独断の考え方である。
((今日は、是にて。))。

「「五体満足」」高齢者。

 人間、誰しも老いる。何時までも、健康であっても、110歳越えるのは、難しい。まして、100歳まで生きるのも困難であろう。
最近だが、「「死体検案」」にも、警察あから呼ばれて行った。90歳越える女性であったが、そう、90歳を越えて生きるのも大変である。誰かの{お世話}を受けているか、そう、それなりの色々な援助も必要であろう。
何度も述べるが、①癌性病変、②心筋梗塞や心臓疾患、③脳梗塞や脳出血、④肺炎なども挙げられているが、多くの場合で肺炎は、他の疾患も重なっているであろう。
最近では、認知症が随分と問題になっいる。勿論、脳梗塞や脳出血で認知症状態にもなるが、全く、これには関係なくて、早ければ40歳頃から認知症になる人もいるようである。
また、体の衰弱に関係して来るのは、動けない事、人間は何時でも、動いていないと、体の筋肉の「「力」」は落ちる。なら、移動能力も減ってしまう。
またまた、嚥下力低下、誤嚥にて、容易に急性肺炎も起こす。そうなると、直ぐ様に、体の衰弱は起こって来る。
最初の3大疾病は、更に、認知症では、体の衰弱とは関係がないのかも知れない。
でも、肺炎、骨折などでは、元々、体の衰弱も関係しているとも、思われる。
人間、ある程度の、年齢になれば、可能な限り{{己が死ぬ事を、予防する}}しかないであろうとも、思われる。
人間の平均寿命と、健康寿命は違う。可能であれば、健康寿命で、これも、有る程度の健康寿命で生きれれば良いであろう。
病気をしながら、医療も受けながら生きるのが、悪い訳ではない。人間の「「生命」」は一度でも消えたら、二度と戻れないからである。あの世に行ってから、戻った人は居ない。重篤な病気をしても、慢性の重篤な病気でも、生きれるところまで、努力する、決して、それが悪いとは、思わない。でも、体の「「疼痛」」だけは、少なくしてあげたいとも思う。己の体も、そう、思う。
人間の命は、「平均寿命」と「健康寿命」が有る。
可能ならば、かのうな限りでも、「「健康寿命」」で、長生きしたいものでもある。
完璧な健康寿命とは、少し違うであろうが、まあまあの{{健康寿命}}で命を生きれれば幸せでもあろう。
多くの場合で、薬の内服も必要であろう。だが、当方は、薬の御蔭を受けて人間は生きていると感じているし、信じている。全くと、薬を必要としないと、己の生命に自慢をしている人も時折には見るが、必ずや、薬に、頼って生きる「「時」」が来るでろう。
どんなに頑張って、努力しても、「「健康寿命」」を過ぎて、他者の支援を受けなければ、生きて行けない「「時」」が来る事は、考えておく必要もあるでろう。
そう、他者からの支援を受ける時期が来るのだ!!!、人間の「「生命」」とは、そのようなものであろう。
次回からは、其処まで、考えた上で、己の全身の「「体力」」維持について、少しでも頑張れるように、細かく述べる事にする。
今日は、ここで終わる。