FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある二人。

     正と波。
     二人ともが、人生での、男と女の交流を知らないままで、時間は流れるのであった。
     正。
     ああ、分からない、分からない。
とにかく、病院に行こう。
彼女が、心配である。
だから、とにかく、病院には行こう。
一応、顔は出しておかないと、私の眼前で運ばれた。早いもので、昨日は、私は何をするべきかも知らなかった。
でも、今日は、病院に顔だけは、出しておきたい。
食事の終わった後で、昼過ぎには、私は病院に行こう。
     波。
     ああ、時間は早い。早いなあ。とにかく、元気にはなった。
今日は、医師と話して、帰りたい。
そう、思ってから、私は、彼には会わないで帰郷したい。
何も、彼に会っても、特別に「「挨拶」」をする事もないであろう。
だから、退院したら、そのままで、彼には黙って帰宅しよう。
彼に会っても、特別に挨拶する事もないであろう。
先生、もう、退院します。
有り難うございました。
      波。
      彼には、黙って退院して故郷へかえるのであった。
スポンサーサイト

ある二

     正しと波。
     二人ともが、十分なる意志は交流できていなかった。
     正。
     ああ、ああ、ああ、私は、勉強は真面目にした。
女性とも、交際しなかった。
親の言う通りに育った。
親の言う言葉が、全て正しいと考えた。
変な女生と交際したら、駄目だと言われていた、
そのまま、女性とは、話した事もないし、交際した事も無い。
親の言う通りに、育ったと思う。
何時も、:誰かが、私の傍にいてくれないと、私は自分を自己決定できないで、毎日を過ごしている。
毎日の自分の生活が、哀しいままで生きている。
今回も、私は、声をかけられた、だけですよ。
今も、彼女と何を、如何にするのかが、分からない。
彼女は、もう、体の調子は良いから、退院すると言っているらしい。
私は、今、何をするべきかも知らない、理解できない。
     波。
     もう、退院して、自宅に戻りたい。
彼とは、何だか、チグハグだけど仕方が無い。
私が、「「一声」」をかけたばかりに、こんな経過、悲しい経過をたどってしまった。
病院から、退院してと言われて、静かに帰るべきかが、分からない。
どうしようかな。
治療してもらった金額は、私は払って帰ろうかなあ。
彼には、申し訳ないおは、思うが、仕方が無い。
治療代金は、払いますから、もう、退院して帰ります。
健康保健証を持って来れば、その計算でお願いできますでしょうか。
     波。
     彼とまた会いましょうとは、言えなかった。
     正。
     彼女の考えも態度も、知らないままで、時間は流れていた。

ある二人。

     正と波。
     二人は、自分が何を話したら良いか、理解できないままであった。
     正。
     ああ、朝ごはんだが、彼女は、食べる事もできないままで、病院に救急車で運ばれてしまった。
私は、何をするべきか、どうしたら良いのであろう。
分からない、わからない。
お見舞いには、行くべきでもあろう。
でも、仕方ない。
救急車で運ばれたから、電話をして、何処の病院に行ったかを聞いてみよう。
私と、朝まで、昨日から一緒だったから、やはり、お見舞いに行くべきであり、行く事にしよう。
行っておかないと、後で、誰かに、何を言われるか知らない。
とにかく、行く事にしよう。
     波。
     気づいたら、病院に居るようだ。
何で、こんなになったのだろう。
分からない、私は、病院に見せる保健証も、持っていない。
後から、届ける事にして、とりあえず、現金を渡しておこう。
でも、彼は何してるのだろう。
私は、救急車で運ばれた事は、謝罪するべきであろう。
もう、気分も落ち着いたから、帰りたい。
     正と波。
     二人が、適度に、自分の事を中心に考えるのだった。

ある二人。

     正と波、
     二人ともが、自分の考えを考えながらで、時間が流れて、朝を迎えて食事の時間だった。
     正。
     ああ、ああ、これ以上は、私は彼女に話をするのは、無理だよ。
己が何を言って良いのか、何を話すのかも理解が出来ない。
今は、朝の食事の時間だが、彼女は、あまり食事も食用もないみたいだし、これ以上は、何を話すのであろうか。
理解が出来ない。
ああ、ああ、今は自分には大変な時期だ。
もう、今は、彼女に話す言葉が理解が出来ない。
緊張しているだけである。
ああ、ああ、どうするかな、理解できない。
     波
     ああ、食欲は無い。まあ、座るだけは座ろう。
でも、食べる気力も無い。
眼に前に、沢山とあるが、全く、入らない。
彼には、何て言えば良いのであろう。
答える気持ちも、気分も無い。
何か、めまいがするような気持ちである。
少しずつ、目の前が暗くなって来た。
     波。
     そのまま、波は、分からなくなって倒れてしまった。
     気づいたら、訳のわからないまま、病院にベットでねていた。
     私は、何処にいるのだろう。
     しかも、右の肘部に違和感ありで、気づいたら、点滴をしているのだった。

ある二人。

     正と波。
     二人は、お互いに体を抱き合ってなどは、ないままで、翌日に明けてしまった。
     正。
     私は、学校で勉強したが、異性のことなど、全く考えずに卒業したから、人生が、不自然なのだろうか。
それを、誰かが明確に教えて欲しい。
男と女が一緒に遊ぶって、不潔な感じだけで育ってしまった。
男と女、話をしない事、体を寄せない事が、一番に正しいと思っていた。
真面目だと、思っていた。
だが、今は、私の人生は、今更に、己を、明確に変えるなんてできもしない。
私も準備が出来ましたから、食事に行きましょう。
もう、準備が出来ていますよ。
さあ、遠慮せずに、一緒に食べましょう。
     正。
     まるきり、見かけは、男だが、中身は、男の行動や仕草なんて、もう、女は要らなかった。
怖いだけであるし、不潔にも感じてしまうのだった。
     波。
     ああ、私は丁度だが、「「生理」」だったあ。
「「生理」」でなかったら、どうなってたのであろう。
どうも、彼の行動が私には、あまり男としては、理解できない行動もある。
私は、女でろうか。
自分が、分からなくなった。
女だと思うのに、男が傍にいても、私の傍の男は何もしない。
「「生理」」であっても、体を寄せ合うとか、もっと、何か色々な行動があっても良いと思った。
でも、何も無かった。
私の考え方が間違っているのだろうか。
分からない、分からない、朝の食事も、私の喉を通らないであろう。
食事を誘われたが、あまり気持ちも進まない。
誰か、私を助けて欲しい。
     何。
     悲しい夜だった。そんな思いが、彼女の心の底で動いていたのだった。

ある二人。

     正と波。
     二人は、男と女の会話も少ないままで、時間は流れていた。
     正。
     ああ、ああ、そのまま、少しだけ、考えていたが、眠ってしまった。
気づいたら、もう、朝で準備をして食事に行く時間であった。
一緒に寝てた女性は、既に、起きていたし、お化粧も済まして俺を待っていた。
やあ、御免なさい。
食事の時間ですね、直ぐに、準備をします。
素早く、洗顔をして、洋服を着てから、準備をして、さあ、食事に行き}ましょう。
昨日には、お願いしていましたから、大丈夫ですよ。
ホテルでの、食事が美味しい場合と、そうでも無い場合が有りますが、期待しましょう。
     波。
     私は、丁度、「「生理」」であったが、何か、彼の反応は{{物足りない}}感情でもあった。
彼は、男であろうかとさえ、思うのだった。
私は、「「生理」」だったhが、もう少しでも、肌に触れるとか、抱っこしてくれるとか、有っても良かったとも思う。
でも、何も無いままで、朝になり、逆に、私は早く寝床からで出たくなった気持ちでもあった。
男と女って、何かな?、分からない、分からない、悲しい気持ちがする。
私の年齢まで、男の事は考えずに、処女を守って来た。まだ、新鮮な体でもあるし、心も新鮮である。
それが、一体に何だろう。
私の「「生理」」が悪かったのだろうか。
男と女って、何、何、私には、人生が余計に理解できなくなった。
     正も波。
     二人が、別々の事柄を考える朝だった。

ある二人。

     正と波。
     とにかく、二人ともが、男か女か不明の様な人間であった。
     正。
     自分が如何なる人間かも、考えた事は無かった。
何だか、今の夜が寂しかった。
どうしてであろうか。
それが、不明で理解できない。
今は、彼女が私の傍に、いや、私の隣で寝てる。
仕方なく、左手さ触っているだけであり、全く、その他には、私の感情は無いし、動かない。
彼女を脱がしてみたいとは、思わないし、触れて己を満足させたいなどとは、全くない。
早く、眠りに入りたいと、思う。
テレビを消したが、私には、それ以上の気持ちは、全く起らなかった。
     波。
     ああ、彼は、私には余分な行動は、待ったく、無かった。
嬉しい反面であるが、私には、女としての魅力は全くないのかも知れない。
改めて、男を喜ばせるのは、大変な事だと思うのである。
私って、女、男、分からない、分からない。
今日は,何だか、新しい自分に出会えるかと思ったが、全然と関係も無かった。
彼は、もう、テレビも消して寝てしまったようだ。
私も寝てしまうかな。
彼から、楽しい話は、全く無かった。
私の気持を喜ばせる話も無かった。
     もう、深夜の1時を回っていた。
     波も、仕方なく、面白い事もなくて、眠りにつくのだった。

ある二人。

     正と波。
     二人の行動は、これとなく変化もなくて、進んでいた。
時の流れは、本当に早かった。
     正。
     私は、私の人生が、こんなになるとは、考えた事も無かったし、今は、如何に振る舞うのかが、分からなかった。
悲しいものでもあった。
自分の行動を、如何に過ごすかが、理解できないのである。悲しい、悲しい、私は、変な人間かなあ。
男と女の気持は、分からない。分からないから、不思議だよ。
馬鹿な俺か、それとも真面目な俺かな。
仕方が無い。仕方が無い。
私も眠くなったから、でも、寝よう。
彼女が何を考えているのか、知らない、それは。それで仕方が無い。
もう、もう、ごめんなさいと謝るべきでもあろう。
もう、テレビは見ないで寝よう。
私も、彼女の「「御手手を持って」」寝る事にした。
     波。
     なんで、このような、男と{{こんなになったのであろう}}と思う。
私は、私の「「行動」に、叱るべきだとも思う。
もう、深夜の12時を過ぎたが、特別に変化は、無かった。
とにかく、私の間違いの「「行動」」で、このようになった。
仕方ない、仕方ない。
ごめんなさい、ごめんなさい。
誰にも、謝る人は、いなかった。

有る二人。

     正と波。
     同じような環形が流れるだけであった。
     正。
     ああ、ああ、もう、0時を回ったかなあ。
 横で、彼女が、何だか、迷惑そうにしながら、でも、でも、手を出している。
私は、如何に反応するかが、分からないのです。
本当に、私を助けて欲しいと思う。
どうして、こんなに、なったのかでもある。
もう、0時を、回った。
どうやら、私も意志決定をしないと、駄目な時間になった。
怖いので、この辺で寝るよ。
彼女には、手も足も、何処も触れないでおきたい。
厄介な事が起きるとまずいでしょう。
でも、男と女の関係、何も知らない私だから、大大変あだ。
     波。
     ああ、なんでこんな事柄になったのか、知らない。
私が、悪いのだよね。
一言、言っただけで、不思議な事になった。
もう、夜の12時だが、彼は寝ないで、テレビを見てる。
何か、面白い話しを聞きたいけれど、無理だよね。
今日の夜も、何も私には、新しい事柄も起きずに過ぎて行く。
仕方ないですよ、仕方が無い。
全てが、私が悪い。
悲しい、悲しい、悲しい、悲しいなあ。
     正も波も。
近過去を、ボヤクのであった。
      

ある二人。

     正と波。
     二人ともが、人間の存在とは、どうすれば人間が生まれて来るのか、明確には、人間の存在が不明のままで生きていたのだった。
     正。
     ああ、ああ、彼女の{{お手手}}が伸びて来た。
早く、早く、誰でも良いから、私にアドバイスをして欲しい。
私は、男、彼女は女、それが何だか知らない。
何で、此の世に男と女が生まれてくるのかが、意味が分からない。
世界が、何かも知らない。
悲しいものだ。
私は、彼女とは、一緒にベッドに入って体をくっつけて戯れたいなどと、考えた事は無い。
どうして、今の{{状況}}なったのか、不思議でえる。
日頃から、神様や仏様に、祈ったなどは無い。
     波。
私も、勉強はしていない。
でも、確かに、男には、真ん中の{{足が有った筈}}である。
それが、嬉しいとか、楽しいとか、思った事も無い。
今までに、考えた事は無い。
何で、今日の様になったのであろう。
でも、彼の性格、人格なども、少しながら、歪だとは思う。
ああ、ああ、何でこのような事になったのだろう。
私は「「生理中」だから、{{御手手}}だけを伸ばしてみたが、全く応答は無かった。
悲しいなあ、悲しい。
私が、何げなく、声をかけただけである。
こんな様子になるとは、全く、知らなかった。
もう、深夜の12時、そう、0時にもなるが、私の「「手には、反応は全く無かった」」のだった。
寂しい、寂しい、寂しいねえ。
     正と波の、嘆きが続くのだった。

有る二人。

     正と波。
     相変わらずに、同じような状況が続くのであった。
     二人ともが、男と女を理解していないままであった。
     正。
     悲しい、悲しいと、思う。俺は生まれて来るべきでも無かった。
悲しい、悲しい。
今は、彼女の手だけが、私に伸びて来たが、己は何をするべきかが理解できない。
誰かが、私を助けて欲しい。そう思う。
ああ、ああ、私は、彼女の手を触るのも、怖い怖い。
誰かが、私を助けて欲しい。
人生が、何か知らない、私は真面目に育った積りだあが、ああ、ああ、今に何をするかが、分からない。
彼女の精で、全くの予定、私の予定は違った。
とにかく、彼女の手が伸びて来たので、私も返すだけにしよう。
     波。
     何で、私は、この人に声をかけたのだろう。
知らない、知らない。
悲しい、悲しい、今の現実なんて思った事も無い。
今は、仕方なく、御手手を伸ばしている。
私は、男と女が寝るなんて思った事もない。
だが、現実は、このとおりだよなあ。
男と女が一緒に寝てから、何をするのかも知らない。
困った、困った。
彼の体に少しだけ触れたが、私は特別に、何も感じない。
そんな人間だ。
仕方が無い。
育ちが、悪いのだろうか。
     正「も波。
     人生が何かは、全く、考えた事も無かった。

ある二人。

     正と波。
     二人の行動や感情は、時の流れに流されていたのでもあろう。
     正。
     彼女が、私の傍で寝ている、いや、横になっているのに、私は緊張します。
今のこの時間に、私は如何なる行動をすれば良いのか、それが不明である。
誰かが、私にアドバイスして欲しいなあ。
ああ、あ、悲しい、悲しい。
あら、彼女の「「御手手が」」が伸びて来た。
早く、早く、教えて欲しい。
見たくもないテレビを、見ているだけだから、:悲しい。
      波。
      私は「「生理」」だし、でも、男と女、同じベッドで、何をすれば良いのかが、理解が出来ない。
神様、仏様、教えて下さい。
早く教えて下さい。
もう、間に合わないですよ。私は、泣いています。
彼が、体に触れるのを、私は待っているが、そんな事も彼はしないようだ。
だから、私が今は手を伸ばしてみた。
男って、何かな。
私も、交わりの{{経験}}も無いが、何だか悲しいなあ。
寂しい、今日の私の「「生理」」が良かったのか、どうであったのか、知らない。
でも、今日も、私の悲しい日が暮れて夜になった。
      二人は、訳の知らないままで、夜はすすんだ。

ある二人。

    正と波。
    二人は、訳の分からないままで、生活が続いていた。
    正。
    さあ、私はテレビを見てるから、安心して傍におやすみなさいませ。
私は、貴方には、「「意地悪い事」」などは、絶対しません。
安心してお休みなさい。
俺は、彼女が傍で寝ても、何をするのか、知らないしなどと、真剣だがね、何をするのかも知らない。
彼女の体の{{暖かさ」」が伝わっ来るが、私は如何なる態度をすれば、良いだろう。
神様、仏様、俺に教えてください。
「「エッチ」」をした体験もないし、悲しいなあ。
    波。
    何だか、変な今晩だよ。
    私の一言で、私の行動も、不思議な世界に行ってしまった。
私は、生理だと、伝えているが、これから、どうなるのでろう。
男と女、一緒に寝れば、交わるなどは、でも、聞いたことあるし、本も読んではいる。
また、子供は、女性にだけ、可能性は有る。
私は、男と寝た事もないし、子供を作った事も無い。
今日は、彼と寝るのは、不思議な世界だ。
彼は、私に、何をするのであろう。
彼の横に寝たが、何もしないし、テレビだ見てる。
何だか、寂しい。
私を見ても、女とも思わないのであろうか。
逆に、私は、彼を不思議人間だとしか思わない。
彼は、男だろうか、いやいや、中性かもと思うのでる。
ああ、悲しい。ああ、哀しい。
     正と波は、一緒のベッドに入ったが、そのままの「「時」」が、流れるのだった。

ある二人。

     正と波。
     特別には、二人の進展は無かった。
     正。
     ああ、彼女が一緒の布団に入ったが、嬉しくもあるが、私は今、自分が喋る事柄が分からない。
誰か、私にアドバイスして下さいよ。
知らぬ「「気持ち」」で良いのか、今が、私は何も出来ませんから。
彼女の{{体の温もり」を、少しだけ、伝わってくるのが理解できる。
だが、今、今、どうすれば良いのであろう。
彼女は、「今は生理」」だと、私に伝えたが、だから、どうすれば良いのであろう。
見たくもないテレビの「「番組」」を見ている。
私は、生まれて初めて女生と一緒に布団に寝るが、私の予定外でる。
      波。
      ああ、ああ、私は、彼の布団に入るしかなかった。
今から、何が起こるのであろう。
知らない、知らない、どうにでも、なれば良いであろう。
      そう思う波がいた。

ある二人。

     正と波。
     相変わらず、同じような雰囲気が流れるのだった。
     正。
     遠慮しないで、来て下さいよ。
私は、テレビを見るだけで、貴方には、絶対に迷惑をかけませんから、安心して下さいね。
真実には、私は何を言えば良いのか、わかりません。
心の中で、そう、思っていますよ。
現実に、彼女が傍に来てくれると、不思議な違和感を感じて、益々、緊張しますよ、と、駄目な自分だあよなあ。
彼女の体の一部が触れると、怖いですよ、と、感じる馬鹿な自分だよ。
     波。
     私は、如何に振る舞えば良いのでしょう。
仕方が無いので、彼の言う通りに、彼のお布団の傍で、一緒に寝るかな。
私は、女だが、今は生理中であるし、彼から、無理矢理に体を触られる事も無いだろう。
ふとした事から、今の状況になってしまった。
何で、何で。私が悪いのであろう。
御免なさい。
宜しいですかね、傍に寝て良いですか。
今かから、参ります。
御免んさい。
少し、怖いです。
男性の横で、寝た事もありません。
恐縮です。
御免なさいませ。
     波。
心配しながら、恐る恐ると、寝床に入るのだった。
彼の手が伸びて来ると、私は如何に対応すれば、良いのであろうか。
     正と波。 
    二人の時間は、:ながれるのだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。