FC2ブログ

「「男」」と「「女」」短編集 第八編 (50)

 電話を、数軒にしたが、全く分かりませんですよ。
留守電になっていたり、違いますとか、言われてしまうし、私は、最後まで電話では連絡を取れませんでした。

 「私は、此の世に誕生して来たが、勉強すれど、不運な男ですよ。」
「大好きな美しい魅了ある女性が欲しいと、{{こころ}}の底から望んでいますが、私には全然と{{縁}}がありませんし、悲しいですよ。」
「何で、何で、私は嘆くために、此の世に誕生したのでは有りませんけれどね。」
「どうして、彼女に会えないのでしょうか、ね。」
「不運な男です、よ。」
「私は、どうしても、別の女性を口説いて、新たな彼女、大好きな彼女、「「私は、貴方が大好きだ」」なんて言えないのでのですよ。」
「何だか、私は、他者に断られるのが、大嫌いですから、ね。」
「そう、私のメンツが丸つぶれになるのいが、怖いですよ。」
「どうしてか、私には、全くと、普通の事ができないですよ。」
「私って、一体に、どんな人間でしょうかね。」

 遂に、彼は、全くと、彼女には連絡を取れないままで、一日は終わったのでした。
何だか、この電話だと思ったが、どんなに頑張っても、相手が電話に出てくれませんでした。
不思議な自宅が有るものだと、思うがどうにもなりませんでした。

 「ああ、また、彼からの電話だと分かるのですが、自宅の電話には、相手の電話番号が表示されてしまうので、直ぐに、分かるのでした。」
「また、彼からの電話でしすよ。」
「本来ならば、私は、里帰りすれば良いのでしょうが、彼も、私の故郷は知っていませんから・・・。」
「でも、私は、両親の故郷なんか、帰りたくもないし、私も少しは変な人間なのかなあ。」
「時折にでも、彼からの連絡が有ると、少しは、私も考えざるを得ませんですよ。」
「怖い、怖い、大変な人間、男性に巻き込まれたのでしょうかね。」
「とにかく、私の自宅の電話番号が分かるのは、私の自宅が何処にあるのかも、もう、今では、知っているでしょうからね。」
「学生時代には、全く、彼が、このような男性だとは気づきませんでした。」
「もう、直ぐに、赤ちゃんも生まれて来るのに、私は、主人が心配しないようしておかないと、奥さんとして落第しますよ。」
「どうしましょう、かね、」
「早く、赤ちゃんが生まれて来るように、しかも、健康で丈夫な赤ちゃんを、抱いてみたいですよ。」
「私の主人が、安心できるように暮らしたいのですよ。」
「私の置かれた立場なんて、主人には話を出来ませんからね。」

 遂に、一日目は会えなかったのか。
もう、彼女には会えないのかも知れませんなあ。
今回は、今から、まだ、少し日数を残していますから、残るだけは残ってみますよ。
会えない時には、また、私は、新たな思いをして考える事にしましょうかね。

 初男は、人生を理解していなし、女性を{{口説く}}意味が理解できていなみたいですよ。
今からの、彼の行動は、如何なる状況になってゆくのでしょうかね。
変な可笑しげな、男性でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
スポンサーサイト