FC2ブログ

「「人生の「終わり」」短編集 第四回 (初めに)

 主役は、母親と、また、娘の幸子だった。
母親の年齢は、100歳で、特別養護老人ホームに入所していました。
一方で、娘さんまでが、80歳にもなっており、左股関節部大腿骨頸部骨折(術後)でもありました。
また、娘さんの幸子さんの旦那も20年前に、胃癌でなくなっていたのでした。

 60歳で死亡しており、丁度、生命保険での保険金も沢山と幸子さんに入っており、7それは大金でもありました。
そう、日頃の庶民では、持っていない程の金銭、2億の生命保険金が残っていたのでした。
娘として、母親に如何なる{{対応}}できるのか、でもありました。

 100歳のお母さんと、現金を抱えた娘さんの、本当にですが、2人の残された人生が、どうだったのでしょう。

 {{さて、「「人生の終わり」」がどうなるのでしょうか}}。
スポンサーサイト