FC2ブログ

「「人生の終わり」」短編集 第三回 (14)

 何だか、言われた通りに行っているのいですが、どうしてこんな事柄をするのか、分かりませんよと、一人で考えるのでもあった。
初めての事柄だが、私が、「こんな不思議なつぃけんなど求めた事も、不思議であった。

 「いやいや、言われた事柄をしているのに、私の{{こころ}}も{{からだ}}も気楽になって来るのいを気づいていますよい。」
「世の中には、不思議な事柄が有るものですよ。」
「また、面接者の{{言葉使い}}もい立派で、嫌いな感じは全くありませんしね。」
「もう6日目ですよ、私が来てから・・・。」
「私は、もう一度でも、生まれ変わって来たいとも感じます。」
「こんなきもちになったのは、私の人生で最初で最後でしょうからね。」
「母の事も心配ですが、今は、他の事柄を考えない事になっていますので、仕方がありません。」

 「只今は、御主人様について調べて下さった事柄を、御願い申しげます。」
「御主人様に、して貰った事、して反した事、迷惑をかけた事などで、どんな事を調べて下さったでしょうか・」

 「ええ、一生懸命に、私の過去を振り返りました。」
「私は、主人を嫌いだと思っていたし、思い出したく有りませんでした。」
「でも、今は、主人ばかりを責めるのいも駄目だったかなと感じます。」
「ええ、主人は、女性が好きでして、浮気ばかりで、自宅にも帰りませんでしたから、ね。」
「一人で、私は、自宅に居る場合が多かったですよ。」
「でも、考えると、私も、s人の事に関しては、あまり御世話もしていませんから、私が悪かったみたいですよ。」
「ああ、もう少し、私は、考えなくては駄目でしたね。」
「主人が浮気をすれば、する程に、私の{{こころ}}が先に離れたみたいですよ。」
「もう一度、私は、生まれて来たいですよ。」
「でも、生きる勇気が出てきました。」

...................................,.

スポンサーサイト