FC2ブログ

「「人生の終わり」」短編集 第六回  ((1))

 68歳の女性は,佐恵子の名前だった。
旦那が居たが、旦那は仏教のみで、だが、仏教の教信者でみなかった。
一方の女性は、猛烈なクリスチャンであり、旦那をクリスチャンにしたいと思いながらも、自分の思う通りにならずに、悩んでいた。
旦那の名前は、貞夫との名前だった。
かたや、佐恵子の方は、自分の思う通りにならなくて、体にも心にも{{鬱積した}}感情にが溜まっており、{{こころ}}も壊れて、めまいや頭痛など憂鬱感情も強くて、杖緒ついて歩くのも、爬行で、よろよろと歩くのだった。

さて、どうなるのでりましょうかね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
スポンサーサイト