FC2ブログ

「「回顧録」」、{{続}}。

  これほどに、大好きな硬式テニスであったが、止めてしまった。
まあ、思いでは、医師会で6人くらいが、集まってから、台湾の硬式テニス大会が、台中であった。台湾での、医師の、その大会に皆で行こうと話が出てきた。当方も、そう、当方も参加して、台中まで行った。今も、忘れないのは、台中で一泊したが、勿論と台北でも泊まった。当方で硬式テニスが上手だと、思っていた医師も、台北での医師の親善試合でも、勝てなかったけれど!!!。
台中に行ってから、御馳走も食べたが、ホテルでの一泊では、私の部屋には、窓が無かった。
一晩だが、最後まで眠れなかった。と、言うのも、ホテルの部屋に「「窓が全くと無い」」、これは、大変な出来事でも有った。
火事になれば、100%駄目だ、命が無いと言うのが、分かる。俺の命も、今夜が最後だと、思ったのであった。
怖い、本当に怖いで、一睡もできなかった。ホテルでの、「「こんな体験」」も、最初で最後であった。今でも歌えるが、台中への「「往復の間」」に、覚えた「「歌」」が有った。マイコウロバスの中で、案内人が居たが、その{{往復の間}}に覚えた。今の、現在でも歌える。「「雨夜花」」=ウヤホエであった。台湾語で歌えるし、決して忘れていない。今だに、覚えているから、死ぬまで、覚えているであろう。その歌は、今の第一興商のカラオケにも歌が{{入っている}}、のである。
帰る時には、前の晩に、「「北東温泉」」に泊まったが、そこでも、台湾の人達には、当方が台湾語で歌ったが、貴方は、「「日本の人ですか、」台湾の人ですか」」と、問われるのでもあった。これは、46歳頃でもあった。最後の、台湾旅行でもあった。いや、いや、最後の台湾旅行は、日本航空の飛行機が、御巣鷹矢もお落ちた翌日でもった。
色々と、出来事が有ったが、その後に、当方は、JASRAC=日本音楽著作権協会の「「作詞家」」会員となったのでもあった。人間の一生って、色々でもある。今は、下手な歌手でもある。
第一興商のカラオケにも、ジョイサウンドのカラオケにも、日本全国でも、当方は、また、歌手の名前でも、入っている。
最近は、あまり歌いにでも、夜の街に出るのが少なくなった。
((今日は、2回目、であったが、これで終わる。))。
スポンサーサイト