FC2ブログ

男と女。

3.ストーリー
  正。
 何で此の世にうまれたのだろう。
私の気持を誰もしらないのだから、親の気持なんか、考えたくもない。
もう一度、あの世に戻して、俺の魂を、御願いだよ。
生まれて来理由もしらない、考えたくない。
私の支えになる人、物、などは見つからない。
空を見上げても、何も見えない。
お天気は良いが、星も見えない。一体に、俺は、俺は、人生って何だろう。
  波。
 私は、誰も友達は居ない。生まれて来るべきでなかった。
私の親は、何のために、私をこの世に送り出したのか、答えを貰いたい。
私の体は、男を求めているが、それが理解できない。
今は、誰も、友達は居ないが、友達が居ると、逆に、うざい、うざい、だげ、昼にも夜にも、寂しくなる。
深夜になると、一人で何時も毎晩に、自分の部屋から、星を眺めてる。
あの星に行けば、何か良い事が有るかもしれない。
 正も波も、
二人ともが、毎晩に星をみあげるのであった。
スポンサーサイト