FC2ブログ

ある二人

    正も波も青い変わらずに、同じ日々が続くだけであった。
    正。
    さあ、朝の電車で東京、もう、神奈川県の鎌倉に来たかな。
とにかく、人生に目的も無くて、眼の間見えない。
恥ずかしいとか、全く無いからなああ。
俺の「仁成って、何、何、何も知らない。
誰も、俺に教えてくれない。
頭を下げる気持ちも無い。
女が欲しいとも、思わない。一緒に、男と女が居るのが不思議だよ。
何でかな、何でかな。
全然と、俺には意味が分からない。
    波。
もう、東京から帰ろう。
何も、得るものなどは、:無かった。
何で、私は、人生が分からない人間であろうか。
人生って、面白くもない。
私は、此の世に生まれるべきでなかった。
誰が決めたのであろうか。
私なんか、存在に意味も無いからなあ。
故郷に帰るのも、特別に意味も無い。
死ぬるなんて、思わないが、悲しいなあ。
私の生きる意味が割らないから。
生きる意味も知らない。
女と男の世界が、意味が理解できない。
悲しいなあ。
悲しい。
生きる意味も、知らない。
私の興味を引くものもない。
何処やら何処やら、世界も有るらしいが、私には、興味も無い。
スポンサーサイト