FC2ブログ

ある二人。

     正と波。
     二人は、お互いに体を抱き合ってなどは、ないままで、翌日に明けてしまった。
     正。
     私は、学校で勉強したが、異性のことなど、全く考えずに卒業したから、人生が、不自然なのだろうか。
それを、誰かが明確に教えて欲しい。
男と女が一緒に遊ぶって、不潔な感じだけで育ってしまった。
男と女、話をしない事、体を寄せない事が、一番に正しいと思っていた。
真面目だと、思っていた。
だが、今は、私の人生は、今更に、己を、明確に変えるなんてできもしない。
私も準備が出来ましたから、食事に行きましょう。
もう、準備が出来ていますよ。
さあ、遠慮せずに、一緒に食べましょう。
     正。
     まるきり、見かけは、男だが、中身は、男の行動や仕草なんて、もう、女は要らなかった。
怖いだけであるし、不潔にも感じてしまうのだった。
     波。
     ああ、私は丁度だが、「「生理」」だったあ。
「「生理」」でなかったら、どうなってたのであろう。
どうも、彼の行動が私には、あまり男としては、理解できない行動もある。
私は、女でろうか。
自分が、分からなくなった。
女だと思うのに、男が傍にいても、私の傍の男は何もしない。
「「生理」」であっても、体を寄せ合うとか、もっと、何か色々な行動があっても良いと思った。
でも、何も無かった。
私の考え方が間違っているのだろうか。
分からない、分からない、朝の食事も、私の喉を通らないであろう。
食事を誘われたが、あまり気持ちも進まない。
誰か、私を助けて欲しい。
     何。
     悲しい夜だった。そんな思いが、彼女の心の底で動いていたのだった。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)